So-net無料ブログ作成

タルキトナへ


 7時間の汽車の旅なんてうんざりと言う方は、デナリへの登山口の村、
タルキトナTalkitna へいらしてはいかがでしょう。ここまでなら3~4時間です。

 駅周辺にだけ、花で飾られたログキャビンが立ち並ぶ、綺麗な小さな村です。
 しかしここが北米最高峰デナリ山(マッキンリー山)への登山口ですから、世界中の有名無名の登山家がやって来るのです。


    あの上村直己さんもここから出発して単独登頂に成功し
   ました。
残念な事に、その帰途に消息をたたれましたが。
    そうそう、その時日本を出発なさった便に私は乗務して
   おり、
たまたま上村さんがお座りの辺りの担当でした。
    物静かな中に、大変温かいお人柄を感じました。


 タルキトナから、登山家でなくても、ヘリコプターやセスナでデナリ山のそばまで行けます。そして、お天気が良ければ氷河の上に降り立つこともできます。お天気が悪く降り立つことができなかった時には、半分ぐらいの料金を返してくれます。


   セスナ氷河.JPG
氷河の形や大きさは千差万別ですが、これもその一つです


 このセスナはエアータクシーなどと呼ばれていて、運行している会社が各都市周辺にたくさんあり、観光フライトばかりでなく、交通手段としてチャーターできます。
 パイロットごと飛行機を一機をチャーターするなんて、豪勢でしょう?
ところが移動に使う場合、5・6人で割れば同じ距離を鉄道で行くの大して変わらない金額だったように思います。


 アラスカは広大な土地に家がまばらにしかないので、大都市の外ではハイウエー以外に道路網が発達していません。道がないし海や川は凍るのですから、これらの家には空からでなければ行くことができないのです。
 お陰で私たち旅行者もこの足を、大いに利用させていただけるのです。


 と言うわけで、アンカレッジへの帰りは、いつもセスナでした。


 7時間の汽車の旅も魅力的ですが、この1時間半のフライトは素晴らしい! 実際、私は、セスナより楽しい乗り物に未だ嘗て乗った事がないと断言します。
 小さいヘリコプターはプロペラがパタパタとうるさいし、小刻みな振動が煩わしい。それに比べてセスナは振動は少ないし、音はしますが煩わしい種類の音ではありません。 
 ジェット機より遥かに低く飛びますから地上がよく見えますし、窓を開けたまま素肌で空を感じながら飛べるのです。


 
    セスナ.JPG
      前回の時のパイロットと偶然飛行場で出会ったのですが、
      あちらも私たちを覚えていて下さいました。


         操縦席.JPG
           パイロットの隣の席でご満悦の父


 


 ツンドラ.JPG
デナリからアンカレッジまで飛ぶと、樹木の様態が変わるので
どこまでがツンドラかはっきりと分かります。


 セスナより.JPG
       地上にムースなどがいれば、肉眼でも見える高度です。


 この様に南下してアンカレッジへ戻り1~2泊します。


 次回はもっと南、キナイ半島へのドライブにお誘い致しましょう。


 


 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。