So-net無料ブログ作成

アンカレッジにて

アラスカ夏紀行をこのブログ「Lilac Days in Alaska」に
復活させて参ります。古い記事で恐縮ですが、
どうぞ宜しくお願い致します。
☆ Lilac Days 世界は私の学校
「あるスチュワーデスの思い出シリーズ」 はこちらから⇒⇒
世界の家庭料理の教室ブログ
⇒⇒ インスタグラム⇒⇒



さて、いよいよアラスカ旅行の起点、アンカレッジに戻って来ました。
州都はジュノーですが、アンカレッジはアラスカ唯一の10万都市であり、商業、金融の中心地です。
とても健康的な活気に溢れた街です。 

そこここに飾られている色とりどりの花からは、街全体が短い夏を楽しんでいるのが分かります。

ANCロベリア.jpg
            アンカレッジのメインストリート・四番街

       ANC INF CTR.jpg

        道を渡ると連邦政府の建物です。
        奥に見えるログキャビンは市の観光案内所です。

                          downtown.jpg
     道の両側には見渡す限り、マリーゴールドとロベリアのボールが並んでいます。

今でこそ花のボールは日本でも当たり前になりましたが、私は20年ほど前にアンカレッジで初めて見て、何て素敵なんだろうと思いました。

  上の写真の中ほどに見える、歩道のカフェテラス。夏至の直後の夜7時頃です。
         テラス.jpg
                 街も元気、 
   
               sidecar.jpg
                          grandpaも元気。

                     giftshop.jpg
                           店先も花で溢れています。

         ATQshop.jpg
      アンティークか?ガラクタか?  
               開拓時代の生活用品を売る店が沢山ありました。
               屋根の上の飾りは本物のそりです。 

            86 photo28.jpg


アンカレッジではバルーンでの空中散歩も盛んです。

バルーン1.jpg
バルーンは森の上すれすれに飛ぶことが出来るのです。

生えている木のてっぺんの葉には、よほど小さな軽い生き物でもない限り、下から登って行っても触ることは出来ません。でもバルーンは地上すれすれにも飛べますので、バスケットから手を延ばせば、梢に上から触ることが出来るのです。
狭い川を鮭がひしめきながら遡って来る姿も、直下に見ることが出来ます。 

      バルーン2.jpg
          バスケットの中にはもとこさんと小さい娘が。

風任せに漂う優雅なバルーン。
この日、夫はどこに着陸するか分からない私たちを追って、地上を車で右往左往したって言ってました。

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。