So-net無料ブログ作成

アラスカ夏紀行 写真展

 


アンカレッジから始まりアンカレッジへ戻るアラスカの旅にお付き合い下さいまして、ありがとうございました。
2008年に、1990年から1998年頃にした旅について書いたものですから、2018年の今アンカレッジも随分変わっているだろうと思って画像検索してみました。自然はもちろん、町があまり変わっていないので驚きました。懐かしい建物も、通りの風景も、写真で見る限りそのままに見えます。
でも、アラスカを個人で旅したい方がいらっしゃいましたら、データ的なことは改めて調べなおしてからいらしてくださいね。
                          2018年11月10日 記


一巡りして尚、夫の写したおびただしい数の写真が使われずに残りました。
美しい自然が沢山ありますので、一部をご覧頂きたいと思います。
どうぞもう暫く、アラスカをお楽しみください。


まず、花の写真から…


59 photo1.jpg
この窓辺の花のみ、娘が写したものです。


60 photo2.jpg
エア
タクシー セスナのチャーター会社のオフィスの軒先。
アイビーゼラニュームでしょうか・・・


61 photo3.jpg
なたかのお宅の玄関先に、見事なライラックの木がありました。


62 photo4.jpg
ルピナスの草原


63 photo5.jpg
Hope の海岸の廃屋を囲むのは、何の花でしょうか。


64 photo6.jpg
わたすげ


65 photo7.jpg


そして、空から… 


66 photo8.jpg 
上端の黒いものはセスナの翼です


67 photo9.jpg


68 photo10.jpg


69photo11.jpg
アラスカ鉄道が見えます。


 


氷河へ、   ヘリコプターで、船で、徒歩で…


74 photo16.jpg


5 Talkitna 1.jpg


75 photo17.jpg


地球温暖化でこれらの風景も変わってしまったのでしょうか…


こんな光景も!


76 photo18.jpg
1964年のアラスカ大地震で立ち枯れたままになった針葉樹


79 photo21.jpg


77 photo19.jpg
キナイ川の釣り船


78 photo20.jpg


81 photo23.jpg


80 photo22.jpg


82 photo24.jpg


83 photo25.jpg


84 photo26.jpg 


85 photo27.jpg
こちらは現役でしょうね…


私たちが見ましたのは広い広いアラスカのほんの一部です。
出会った人々も大部分がアメリカ本土から、最近かずっと前かは別として、移住して来た人で、残念なことに、イヌイットなどネイティブアラスカンと親しく触れる機会は殆どありませんでした。
でも、冒険や登山が目的で無いとすれば、総移動距離約1,400kmのこの旅は、日本から行く二・三週間程度の家族旅行での行き先の殆どを無理なく網羅した、ほど良いスケジュールだったと思います。
立ち寄ったり滞在したけれども記事にはしなかった街や村もまだありますが、どこに行っても人々は優しいし、B&Bは楽しい、自然は美しく、ドライブは快適でした。



★下から7枚目、自転車乗りとタンクローリーのすれ違う峠道は、
 撮影した夫にとって、アメリカのダイナミズムに心を震わせながらシャッターを押した、
 思い出の一枚です。




有り難うございました。


 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。